Sara's Travel Column

バガン&インレー旅行情報コラム

トップ > ミャンマー観光情報 > サラの旅行情報コラム

ヤンゴンの治安悪化をどう見るべきか

2023年1月22日

スリ・強盗・写真撮影に注意。移動は専用車かGrabで。


現在バガンやインレー、ガパリは平常通りの観光に戻りつつあります。日本同様国内観光客からはじまり、外国人旅行者の数も増加しています。 ただ、バガンなどの観光地とは対照的に、ヤンゴンの治安悪化というタイトルのニュースを多く目にするようになりました。アジアのなかでももっとも治安の良い国のひとつと評されたミャンマーがどうしてこうなってしまったのか、端的にいうと経済の悪化が原因ということになるのでしょう。観光地を訪れる人の中には、ヤンゴンスルーでバガンへ直行する人が多いようですが、もしヤンゴンも含めるとなりますと、観光客が気をつけなければいけないのは、大まかに言えば、スリ・強盗・治安当局によって違法行為と見做されること、の3点に集約されるのではないかと思います。

あくまで観光という視点で言いますと、スリは密集した場所、強盗はひと気のない場所(または時間帯)に出没します。ですので、そういった場所を避ける、行く場合にはセカンドバックやカメラを持ち歩かない、スマホは手に持たない、持っていくお金は少額のみ、なるべく服装は地味に目立たないように、そして常に周囲に目を配って注意を怠らない(これがもっとも有効です)と、できることはいくらでもあります。
また、1990年代頃までのアジア旅行には、安全のためにクリップ式のズボンの内側に隠せる財布を使用したり、靴の中に紙幣を入れたり、トラベラーズチェックを利用したりしましたが、そこまでの対策が必要かというと、必要ないのではないかと思います。あくまで以前と比較して「悪化した」ということです。

最近ありましたが、夜間に強盗被害に遭ったというニュースがありましたが、夜なのに外国人であることが分かってしまってるという時点で、つけ入るスキを見せていることになります。 ミャンマーに限ったことではありませんが、ガイドブックや外務省から発信される情報をよく読み、注意してより安全な方法を選択すれば自ずと被害に遭うことは避けられるはずです。

また、治安当局に違法行為と見做されるという点ですが、ヤンゴンではカメラ撮影に神経を尖らせているという情報が多いですので、その辺りには注意が必要です。

それから、ヤンゴンでの車両での移動は旅行会社などで手配した専用車両か、評価のわかるGrabを利用し、流しのタクシーは極力使わない方が良いと思います。 バガンやインレー、ガパリでは以上のようなことはありませんが、ヤンゴンにつきましては詳細をまとめて改めてご報告したいと思います。

 

←次のコラムへ  前のコラムへ→


↑コラムトップに戻る

世界遺産

バガンのツアー

インレーのツアー

ミャンマー
最大の都市

ヤンゴンのツアー

マンダレーのツアー