Sara's Travel Column

バガン&インレー旅行情報コラム

トップ > ミャンマー観光情報 > サラの旅行情報コラム

ヘーホー発便の機材調整

2023年1月24日

ミャンマー国内線は時刻が早くなることも。ゆとりを持ったご旅程を


インレー湖やカックー遺跡観光の拠点となる、ヘーホー空港はAir KBZが便数を多く抱えていますが、気象状況による時刻変更、機材調整での減便が発生しやすい空港です。

これは時期によって霧が発生し、滑走路が発着不可となるためで、離陸再開後には待機しているフライトが5分毎に飛び立つために8時発も9時発も同じような出発時刻となります。

ヘーホー発に限ったことではありませんが、ミャンマー国内線では実際の出発時刻が逆転して、本来遅いはずの便が先になるというケースもたまにありますので、搭乗客にとってみれば非常に不愉快な思いをしたりしますが、その辺も含めて安定した便、エアラインにとってのメインフライトを選択した方が無難だということになります。

また、厄介なのは、システムに反映されず、空港に行ってみなければどの便になるか分からない変更があるのもヘーホーの特徴で、ピークシーズンなどには空港コーディネーターを派遣して実際の搭乗便を確認するなどということもします。

 

こちらが最新の記事です  前のコラムへ→


↑コラムトップに戻る

世界遺産

バガンのツアー

インレーのツアー

ミャンマー
最大の都市

ヤンゴンのツアー

マンダレーのツアー